歯の矯正についての情報を提供せいています。

歯 矯正のブログ【歯の矯正お役立ち情報】

SponsoredLink
SponsoredLink
新着記事

記事検索

Categories
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2007.05.20 Sunday | - | - |
[ HOME歯の矯正方法 > いろいろな歯の矯正治療方法 ]

いろいろな歯の矯正治療方法

< いろいろな歯の矯正治療方法の記事はココから >
矯正治療には様々な治療方法があります。
自分の歯の状態や最終的にどのような仕上がりを望むのか?
費用や治療期間は?などによって
選択する治療方法は変わってきますので注意が必要ですね。
参考にしてみてください。

1.ブラケット(一般的な)による矯正とは?

最も一般的な歯の矯正に使われる器具です。

ブラケットとは
歯列矯正に用いられる矯正装置の事ですね。
矯正治療について何も知識がない方が
一番イメージしやすいものがこれでしょう。

歯にブラケットという小さな器具を貼りつけ
ブラケットの上にワイヤーを通し
ゴムでワイヤーとブラケットを固定します。

このワイヤーを3〜4週間毎に調整し矯正していきます。

ブラケットの種類(代表例)

・メタルブラケット
・審美的ブラケット
・リンガルブラケット
・セラミックブラケット



2.インプラント矯正とは?

インプラント治療とは歯を失った方のために
インプラント材を埋め込み、その上に人工歯科を取り付けます。


3.床矯正(しょうきょうせい)とは?

顎を拡大する床矯正装置を口に入れ
顎を少しずつ拡大していきます。

治療費用は安めですが
取り外し可能な装置のため、強い意志で矯正治療にのぞむ必要があります。
取り外した場合には当然、いつまでたっても矯正されません。

4.コルチコトミー(皮質骨切除術)とは?
コルチコトミー(皮質骨切除術)とは
人間の歯は、基盤となる硬い骨(皮質骨)の内側にある軟らかい骨(海綿骨)があります。
これにヒビを入れ、歯が動きやすい条件を作ります。
そして、あらかじめ歯に装着しておいた矯正装置の力と
人間の体の自然治癒力によって新しい歯並びが形成する治療法のことをいいます。

5.外科的矯正とは?
外科的矯正治療とは
顎の外科手術と矯正治療を組み合わせて行う矯正治療のことです。
顔のバランスや口元の形を整える治療を行います。

主に顎変形症、口唇口蓋裂といった症状の際に
外科手術を併用した矯正治療を行います
< いろいろな歯の矯正治療方法の記事の続きはココから >
< いろいろな歯の矯正治療方法の記事はココまで >
| カテゴリ : 歯の矯正方法 | 2007.05.20 Sunday 17:23 | comments(8) | trackbacks(146) |
[ HOME歯の矯正方法 > 歯を抜く矯正治療と歯を抜かない矯正治療 ]

歯を抜く矯正治療と歯を抜かない矯正治療

< 歯を抜く矯正治療と歯を抜かない矯正治療の記事はココから >
歯の矯正方法
一般的に矯正というと歯を抜くといったイメージがあると思います。
「歯を矯正したいけれど、健康な歯を抜くのは・・・・」
と、抵抗がありますよね。
実は、最近では歯を抜かない矯正があります。

その前によく聞くお話があります。
いくつかの矯正クリニックにいったところ
あるところでは、「歯をぬきます。」といわれ、またあるところでは「歯はぬきませんよ」と言われる。
なぜこんな事が起こるのでしょうか? 
これには理由があります。

矯正するには、デコボコな歯をきれいに並べたり、出ている歯を引っ込めたりするために、どこかに隙間を作ることを考えなくてはなりません。その隙間を作るためなんですね。


しかし、歯を抜くなんてちょっとした冒険ですから、しっかりと話を聞いてくれるクリニックを探さなければなりませんね。 歯を抜く場合と抜かない場合のメリットを示しておきます。参考にしてください。

●歯を抜く矯正の場合:歯の矯正
メリット
*上下の歯のバランスもよく、口元のバランスも良くなる
*骨格的に問題がある場合も、ほとんどの場合で外科手術なしで治すことができる

デメリット
*歯を抜かなくてはいけない


●歯を抜かない矯正の場合 メリット:歯の矯正
*歯を抜かなくても良い。

デメリット
*口元の突出感が出ることがある。
 これは、歯を抜かない手法として前歯を前に出すと言う方法を用いる場合です。

このように歯の矯正治療にも歯を抜く場合と抜かない場合があり
それぞれメリット、デメリットがあります。
歯科医師さんとよく話し合いをし歯の矯正をしましょう。
< 歯を抜く矯正治療と歯を抜かない矯正治療の記事の続きはココから >
< 歯を抜く矯正治療と歯を抜かない矯正治療の記事はココまで >
| カテゴリ : 歯の矯正方法 | 2007.05.20 Sunday 17:07 | comments(0) | trackbacks(17) |
[ HOME歯の矯正効果 > 歯の矯正による効果 ]

歯の矯正による効果

< 歯の矯正による効果の記事はココから >
歯の矯正効果について

歯の矯正は歯並びが悪い事で起こるデメリットの治療だと言うことをお話ししたと思います。コチラのページ。今回は具体的な歯の矯正の効果をお話します。

歯の矯正治療は矯正装置を使用して、歯や顎の骨に力をかけてゆっくりと動かし、歯ならびと噛み合わせを治していく方法をとります。


歯の矯正治療をすることでよい歯並び、良い咬み合わせを実現できます。
良い歯並び、良い咬み合わせの人は栄養が片寄らないようになり、またしっかり噛んで食べれば胃腸の負担を少なくすることができます。

逆に悪い咬み合わせの場合、歯に悪い影響がでるだけでなく、顔の歪み、変型をきたすこともあります。

良い咬み合わせで美味しいものをなんでも食べられるというのは子供にとっても大人にとっても健康の基本です。


最近の研究では良い咬み合わせでしっかり噛んで食べることで
・ 頭の血の巡りを良くする
・ 学習能力が向上
・ 老人のボケの防止
などの効果があるといわれています。
歯を矯正する事によりこのような効果も考えられるという事を紹介しました。

< 歯の矯正による効果の記事の続きはココから >
< 歯の矯正による効果の記事はココまで >
| カテゴリ : 歯の矯正効果 | 2007.05.20 Sunday 16:53 | comments(0) | trackbacks(7) |
[ HOME歯の矯正 > 歯の矯正について:歯科矯正の考え方 ]

歯の矯正について:歯科矯正の考え方

< 歯の矯正について:歯科矯正の考え方の記事はココから >
歯の矯正について悩む事は多くの人が経験するのではと思います。
歯の矯正を考えるのは、歯並びの悪さが目に付くためです。

歯並びが悪いと一口に言っても、次のようないくつかのパターンに分かれます。

●パターン1 不正咬合
歯が不揃いだったり、上下の顎の歯ならびがお互いにきちんと噛み合わない。こういった状態を、不正咬合(ふせいこうごう)といい、状態によっては多くの理由により
歯を矯正する事を進められる場合があります。

不正咬合によるトラブルとしては、
・ 食べ物がよく噛めない
・ 言葉が明瞭でなくなる
・ 虫歯になりやすい
・ 歯槽膿漏になりやすい
・ アゴの関節に負担をかける
などが発生します。

●パターン2 叢生
次に叢生(そうせい)を見ていきます。
叢生とは歯が重なって生えている状態です。
これがいわゆる乱杭歯(らんぐいば)というもので、代表的な例として犬歯が歯並びから飛び出して重なった状態を八重歯といいます。


●パターン3 開咬
開咬とは、奥歯は噛み合っているが前歯が噛み合わないという状態です。

開咬のトラブルとしては
・ 噛む機能の低下
・ 発音の異常
・ 食べ物をうまく飲み込めない
・ 歯肉が乾くことから歯周組織の炎症を起こす
などがあげられます。


これらの症状のように歯並びや噛み合わせを、きれいな歯並びにする歯科治療を矯正歯科治療といいます。
歯を矯正する事でこれらのトラブルは改善される場合が多く
歯の矯正は、ただ歯並びをよく見せるためだけではありません。

これらの症状を改善する治療である事を忘れてはいきません。
< 歯の矯正について:歯科矯正の考え方の記事の続きはココから >
< 歯の矯正について:歯科矯正の考え方の記事はココまで >
| カテゴリ : 歯の矯正 | 2007.05.20 Sunday 16:41 | comments(0) | trackbacks(2) |

最新トラックバック
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
Search Google
Google
キーワード
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
SponsoredLink
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

矯正歯科,審美歯科,歯科治療費,歯科インプラント,成人歯科治療,子供歯科治療